法人設立

法人の種類

法人の種類としては、株式会社・合同会社・NPO法人・一般社団法人・医療法人などがあります。

株式会社設立の流れ

基本事項の決定

法人名や事業目的、役員などの機関設計、事業年度など、法人の基本的な事項を決定します。

定款の作成・認証

決定した基本事項を元に定款を作成します。 定款作成後、公証人による認証を受けます。認証手数料と定款の印紙代がかかります。

登記申請書類の作成・登記

定款の認証を受けたら、登記必要書類を法務局に提出し会社設立の登記をします。また、印鑑の届出も行います。登録免許税がかかります。

なお、法務局へ登記を申請した日が、会社の設立日となり、登記簿の「会社成立の年月日」に記載されます。

開業の届出

税金に関して税務署への届出や、地方税に関して都道府県や市区町村に届出をします。

また、労働保険等に関する届出や、社会保険に関する届出をしなければなりません。

申請書類および添付書類
1 定款
2 資本金の払込証明書
3 印鑑証明書
4 設立時役員の就任承諾書
5 発起人の決定書
6 株式会社設立登記申請書
7 登録免許税貼付用台紙
8 印鑑届出書

◎必要書類 ○必要な場合のみ提出 △省略可能 ▲記載事項に変更のない場合は省略可能 ※上記以外にも必要となる書類があります。

手数料

定款の認証手数料 50,000円
定款の印紙代 40,000円
登録免許税 150,000円
建設業許可申請センター電話番号